名古屋南ロータリークラブ
2020~21年度会長
内田 優 MASARU UCHIDA
 

時代の変化を的確に捉え、
世界、地域に貢献しよう

60年を超える歴史を刻んできた名古屋南ロータリークラブの会長就任に当り、重責に身の引き締まる思いです。ロータリー精神の柱は「奉仕」です。たった二文字ですが、人によって解釈は様々でしょう。改めて一人ひとりが奉仕の意味をかみしめ、自主自立の精神と節度ある態度で主体的に行動することが大切だと思います。
 
2020-21年度国際ロータリーのホルガー・クナーク会長の方針「ロータリーは機会の扉を開く」を尊重しつつ、地域の特性を生かした活動を目指します。クラブでの出会い、そこでの活動が新たな地平を切り拓くことを大いに期待します。合わせて名古屋が培ってきた長い歴史と独自の文化を受け継ぎ、育んでいくことも大切です。新型コロナウイルスの感染拡大は、人類に重い課題を突き付けました。各国が協調してこの難敵と闘う一方で、分断と対立に拍車がかかっています。こんな時こそ、2760地区の岡部ガバナーが掲げた「行動するロータリアン!世界で何かよいことをしよう、TOGETHER!」が重みを増します。コロナウイルスとの闘いに最大限の貢献が欠かせません。クナーク会長はこうも言います。「古き良きロータリーではなくなった」の声に負けず、変わらなければならないと。漫然と過去を踏襲することへの戒めでしょう。長期ビジョン協議会の議論と合わせ、今の時代にふさわしいクラブへ果敢に挑戦していこうではありませんか。組織強化も避けては通れません。どの親睦団体も会員の確保に四苦八苦しています。会の魅力をいかにアピールするか。皆さんの英知に期待します。
 
これから一年、駅伝のランナーの如く次の走者に確実にたすきを渡せるよう走り抜く覚悟です。多大なるご支援の程、よろしくお願い致します。

1. コロナウイルスから身を守ろう
2. 地域クラブの特性を出そう
3. クラブ改革に挑戦しよう
4. 会員増強と多様性を推進しよう
5. ローターアクトとの連携を強めよう